葬式に持参する香典袋の選び方と書き方について

突然の不幸で動揺しますが、葬式に参列するために持参する香典袋の選び方書き方について調べてみました。
宗派が不明確な場合は、御霊前と表記された香典袋を選ぶと良いでしょう。
参列者の名前は下部に書きます。
会社の同僚や部によって、まとめて包むケースでは、部を代表として記載し詳細は内袋に記載するなどします。
専用の筆ペンと使用して、記入していきます。
水引きは、不幸が重ならないことを示すためには、結びきりのものを使い、色は白黒から銀一色など代表的なものを選びます。
蓮の花など特定の宗教に関わる絵が描かれているものは避けてください。
香典は原則として白い紙で包みあす。
香典袋にはグレードがありますので、包む金額によって使い分けていきます。
5000円~3万円くらいまでのケースでは、一般的な香典袋で大丈夫でしょう。
さらに上のランクである場合は、高給な和紙などが使われている香典袋を使うなどします。
香典袋は、ふくさで包むのがマナーであり、直接手でもって持参というのは避けた方通いでしょう。
シワになったり、直接取り出すのは見苦しいからです。
ふくさの色は寒色が望ましいといわれています。
また、紫色は慶事にも使うことができ汎用性があり便利です。

1つから大量買取まで、古美術品なんでも査定
京都の栄匠堂では骨董品・古美術品を即現金買取可。気になる方はまずお問い合わせください!

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3003152050/

新卒・経験者双方をエムシーアンドピーは採用します
経験者は即戦力として急場の前に、新卒者は今後の運営を担う存在としてというように両方を採用し、会社の運営を行っています。

野村充宏
野村充弘税理士事務所

最新投稿